プリペイドカード

【Kyash Card】が本人認証サービス(3Dセキュア)に対応 - 2020年11月17日より

更新日:

<画像元:Kyash

2020年11月17日、Kyashは「Kyash Card」が本人認証サービス(3Dセキュア)に対応したと発表しました。

※Kyash Card LiteとKyash Card Virtualは本人認証サービス(3Dセキュア)未対応なので注意しましょう。

本人認証サービス(3Dセキュア)に対応したことで、PayPay/d払い/楽天Payなどの各種コード決済での支払いに利用できるようになったほか、TOYOTA Walletなどの電子マネーへのチャージも可能になりました。


本人認証サービス(3Dセキュア)とは?

本人認証サービス(3Dセキュア)については以下の記事で解説していますので、知らない方は読んでみてください。


認証方法は?

3Dセキュアによる本人認証を要求されるサービスへの登録や決裁をする際、Kyashの場合はワンタイムパスワード方式となっており、以下3つのいずれかの方法で認証を行います。

<画像元:Kyash
  1. SMS:Kyashに登録された電話番号を利用
  2. Push通知:Kyashアプリを利用
  3. E-mail:Kyashに登録されたメールアドレスを利用

いずれの場合も、認証方法を選択して「次へ」を押すと、ワンタイムパスワードが送付され、それらを入力することで認証を行います。

一般的には、事前にクレジットカード会社のマイページから事前に登録しておいたパスワードを用いて認証を行います。一方、Kyashではワンタイムパスワード方式 かつ 3種類の方法から認証方法を都度選択できるので、より安全に認証を行うことができます。

まとめ

以前から3Dセキュアによる本人認証サービスへの対応を望まれていたKyashですが、プリペイド形式のため難しいと考えられていました。

Kyash Cardだけではありますが、対応させることができたのはKyashの技術力によるものだと思います。

3Dセキュアによる本人認証サービスに対応したことにより、Kyashをより安全に利用することができるようになりましたので、安心して利用しましょう。

-プリペイドカード
-, , , ,

Copyright© TIPS 研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.